東京オリンピックのノベルティグッズ制作の際に注意することとは

2020年に開催される東京オリンピックに向けてノベルティを制作しようと考えている企業も多いのではないでしょうか。しかし、基本的には東京オリンピックに便乗した商業広告は禁止されているため、注意が必要です。

2020年に向けてグッズを作る際は

2020年に向けてグッズを作る際は

2020年に開催される東京オリンピックに向けてノベルティを制作しようと考えている企業も多いのではないでしょうか。
このようなビックイベントは滅多にないことなので、ビジネスチャンスを逃さないように準備を進めているでしょう。
しかし、ノベルティを制作する際は注意しなければならないことがあります。
例えば、マークやエンブレムの無断使用です。
自社以外のキャラクターやブランドと同様に、許可なしに印刷をすると商標権の侵害になります。
そのため、五輪マークや大会のエンブレムは使わないように気をつけてください。
また、基本的には東京オリンピックに便乗した商業広告は禁止されています。
ワードやデザインを使っていなくても想起させる表現は便乗広告となり、不正競争防止法に引っかかる可能性が高いです。
不正競争防止法に該当すると刑事罰、損害賠償、民事的トラブルに発展します。
知らなかったという理由で逃れることではないため、グッズを作り始める前に確認が必要なポイントです。

知的財産に気をつけよう

知的財産に気をつけよう

東京オリンピックのノベルティを制作する際は、知的財産に関する知識が必要です。
この場合の知的財産の定義は幅広いですが、シンボル、エンブレム、大会の名称やマスコット、キャラクター、絵文字、大会モットー、関係する用語、画像、音声が対象となります。
特に用語は注意しなければなりません。
大会の名称であっても知的財産に該当し保護の対象となっています。
そのため、どこでも聞くワードであっても安易に使用できないのです。
例えば、「頑張れ!ニッポン!」や「聖火」、「日本代表団選手」、「目指せ金メダル」が挙げられます。
これらは想起させる表現に該当し、JOCやIOCから指摘されるでしょう。
差し止め要請だけでなく、損害賠償を請求される恐れもあるため注意してください。
ほかにも様々な用語がありますが、これらを組み合わせて使うことも禁止されているため、使ってはいけないワードを事前に確認しておくことが大切です。
これらの要件に気をつけてノベルティグッズを制作しましょう。

PAGE
TOP