ノベルティのグッズを選ぶ際に知っておきたいポイント

ノベルティは業名の認知度向上やイベントなどの集客、販売促進の効果がありますが、単に制作するだけでは意味がありません。グッズ選びも重要です。ノベルティ制作におけるグッズ選びのポイントは、実用性と季節感の2つがあります。

つくるだけでは意味がないノベルティ

つくるだけでは意味がないノベルティ

ノベルティを活用している企業が多いですが、具体的にどのような効果があるのか知らずに制作をしていることもあるのではないでしょうか。
ノベルティの効果は、企業名の認知度向上やイベントなどの集客、販売促進が挙げられます。
無料で配布しますが、上手に活用すると企業にとって大きな効果があるでしょう。
しかし、単にノベルティを制作すればいいというわけではりません。
効果を得られない場合もあるのです。
効果を確実に得るためにはグッズ選びがポイントになります。
ポイントは2つです。
これからノベルティ制作をする予定のある企業は、制作費が無駄にならないように2つあるグッズ選びのポイントを知り、意識して制作してみてはいかがでしょうか。

グッズ選びにおける2つのポイント

グッズ選びにおける2つのポイント

グッズ選びのポイントの1つ目は、実用性があるものです。
ノベルティを受け取ってもらうことができても、実際に使ってもらわなければ効果を得ることができません。
使いにくいグッズや持って帰ることが困難なグッズは避けましょう。
どんなにおしゃれなデザインでも実用性がなければ、すぐにゴミ箱に捨てられたり、物置の中で眠ることになります。
また、逆に日常で使うものであってもデザインがイマイチであれば、使いたいとは思いません。
ターゲットを意識してデザインやグッズを選ぶことも大切です。
若い女性がターゲットであれば、可愛らしいデザインのポーチを選んだり、会社員がターゲットであればスタイリッシュでかっこいいボールペンなどが挙げられます。
デザインと使いやすさを考慮して実用性のあるグッズを選んでください。
2つ目のポイントは、季節感のあるものです。
例えば、うちわは実用性のあるものですが、冬に配布するノベルティには相応しくありません。
夏は夏に使うものを、冬は冬に使うものを選ぶのがポイントです。
うちわや扇子は夏のノベルティに制作したり、冬はカイロやブランケット、花粉の時期はティッシュやマスク、梅雨の時期は折り畳み傘など季節感を意識してみてください。
季節の中でも、共通点がある時期もあります。
例えば、梅雨や花粉の時期です。
外で洗濯物を干すことができないという共通点があるため、洗濯用洗剤がノベルティで人気があります。
このようなポイントを意識してグッズ選びをしてみてはいかがでしょうか。

PAGE
TOP