店舗で活用するコースターのノベルティとは

コースターは、グラスについた水滴を吸い取ってお客様の衣服が濡れないようにしたり、テーブルに輪ジミができないようにするなど店舗側にもメリットがあります。また、宣伝ツールとしても効果的です。ノベルティとして制作してみてはいかがでしょうか。

ノベルティのコースターには宣伝効果がある

ノベルティのコースターには宣伝効果がある

カフェやBARなどの飲食店では飲み物を提供する際にコースターもセットでおもてなしをすることが多いです。
コースターの役割といえば、グラスについた水滴を吸い取ってお客様の衣服が濡れないようにしたり、テーブルに輪ジミができないようにするなど店舗側にもメリットがあります。
それだけでなく、宣伝ツールとしても効果的です。
コースターに店舗名やロゴをプリントしてノベルティとしてお客様が自由にお持ち帰りできるようにすると、宣伝効果を得ることができるでしょう。
ノベルティでコースターを制作するのであれば、機能性だけでなくデザインにもこだわることが大切です。
単に店舗名をプリントしても、おしゃれさがなければ自宅に持って帰ろうと思わないものです。
店舗のコンセプトや雰囲気に合わせて制作することはもちろん、自宅で使うとおしゃれなデザインを考えてみてはいかがでしょうか。

コースターに工夫をしよう

コースターに工夫をしよう

コースターには様々な工夫をすることができます。
例えば、ARの活用です。
専用アプリを使ってスマホをコースターにかざすと、画面からキャラクターやモノが飛び出てくるため、お客様の間で盛り上がるでしょう。
数種類用意しておくと、次はどんなコースターがくるのか楽しみになるため、追加ドリンクの注文に繋がったり、リピーターが増えるはずです。
飲食店ではない企業がこのコースターをノベルティとして制作し、飲食店で使ってもらうのも一つの方法ではないでしょうか。
例えば、開催するDJイベントの集客をするために、レコードに変身して曲が鳴るコースターを飲食店で使ってもらうと、イベントにも興味を持ってもらうことができるでしょう。
その際は、イベントのフライヤーも一緒に置いてもらうとより効果的です。
また、コースターにQRコードをプリントして、お得な情報を受け取れるというノベルティも宣伝効果があります。
スマホでQRコードを読み取ると、次回使えるお得なクーポンが手に入るなど、お客様が次も来てくれるように促すことができます。
お得クーポンにもアタリ、ハズレをつくると追加ドリンクの注文も増えるかもしれません。
ノベルティを制作する際はコースターを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

PAGE
TOP