ノベルティのブランディング効果を上げる方法とは

ノベルティを渡すタイミングは非常に重要でこの運用がダメダメではせっかくクオリティの高いものを制作してもいまいち効果が表れないでしょう。これにはタイミング、さらには場所なども関係しています。つまり受け取る人が「気が利いている」と思うようなタイミングで渡せることが大切です。

企業ブランディング

企業ブランディング

ノベルティの主な目的としてはその企業の認知度を上げることだったり、広めたい媒体がどのようなものでどういったものなのかを知ってもらったりするために活用します。
主に商品の購入やサービスの利用者に特典という形で「おまけ」として配られるものはプレミアとして区別されるので注意が必要です。
実は、ブランディング効果は中長期で考えると、投資効果が高いことで知られています。
企業ブランド力を高め、イメージアップにつながることから多くの企業で取り入れています。
企業のマスコットとして、イメージキャラクターとしても子どもから大人、女性まで幅広い人に受け入れられるように工夫するとよいでしょう。
しかし、企画から作成までとなると、プランニングは決して簡単なものではありません。
下手をすると会社イメージを誤解されたり、マイナスイメージにつながる危険もあったりします。
だからこそ、専門の業者に依頼することをおすすめします。
自社のブランドイメージにあったオリジナルのノベルティグッズに落とし込むことでノベルティグッズを使う人にその企業がどんな場所なのかを伝えることができます。

ノベルティグッズはタイミングが成功の秘訣

ノベルティグッズはタイミングが成功の秘訣

ノベルティのグッズを制作するときには配る目的、配る相手、配る場所をイメージしながらの制作になることでしょう。
そしてそれらを強く意識することが効果を最大限挙げる秘訣と言っても過言ではないです。
ノベルティグッズはプレゼントのようなものでタイミングによって渡す人の心にどう響くかが変わります。
実用的なものであってもただ配るだけでは意味がなく、受け取る人が欲しいと思うタイミングで渡せることが大事です。
心地よくノベルティを受け取っていただくことよってその企業の印象が良くなり、購買に繋がっていくのです。
さらには配布の方法や配布するスケジュール、在庫の管理など運用方法を、企画の段階で細かくイメージできているかどうかも大きく左右していきます。
このようなことに注意して、企業ブランディングにいい影響のあるノベルティ活用をしましょう。

PAGE
TOP