海外のノベルティグッズから学ぶトレンドとは

斬新なアイデアで日本のノベルティと認知そのものが違うような印象を持った方もいるかもしれません。公式グッズのようなクオリティで制作されており、思わず欲しくなるものを製作するのが共通認識と言っても過言ではないでしょう。

海外のノベルティグッズはどんなもの?

海外のノベルティグッズはどんなもの?

最近ではノベルティグッズの認知は高くなってきており、有名企業のノベルティグッズにはプレミア価格がついてオークションやフリマアプリで取引されているのをよく目にします。
例を挙げると、日常的に使用するものを商材や商品として提供している会社のノベルティグッズはよくネット上で売られています。
特に海外企業のノベルティグッズがオークションやフリマアプリでプレミア価格がついて非常に高値で取引されているのを見かけることもあるでしょう。
それらが高く取引されている理由は実用性とおしゃれさにあります。
ノベルティという単語には、目新しいものという意味が含まれており、これらの企業のノベルティグッズはクオリティが高く思わず欲しくなるようなものがほとんどです。
グッズのクオリティを上げることで購入希望者が増え、プレミア価格が付き、高値で取引されるようになります。

実際にノベルティグッズとして出されているもの

実際にノベルティグッズとして出されているもの

海外企業のノベルティグッズでプレミア価格のついている商品のなかには腕時計やマグカップ、Tシャツなどがあります。
大手パソコンメーカーの腕時計は秒針がネズミになっていて非常にユーモアのあるデザインで独自のデザイン性を打ち出しています。
大手検索エンジンの企業では、非常にシンプルなマグカップがありますが、異様に惹かれるデザインをしており、プレミア価格が付いています。
また、大手ソフトウェア会社のグッズには、Tシャツに「I visited」というメッセージと会社名がプリントされています。
メッセージ性が強すぎて一時期話題になっていたノベルティグッズのひとつです。
そして最後は近年急成長を遂げたIT企業では、likeのマークのカフスで目立ちすぎず控えめ過ぎないとてもセンスフルなデザインです。
海外のノベルティグッズは思わずほしくなるようなものが多数存在します。
その裏付けとなるのがプレミア価格で取引されている現実があるようです。
ノベルティグッズをより多くの人の手に取ってもらうためには、独自のデザインを打ち出す、伝えたいメッセージを分かりやすく表現するといった工夫が必要となるでしょう。

PAGE
TOP