ノベルティグッズを作る際に意識するべきポイントについて

実際にノベルティをもらったことのある人の意見を見てみると分かるように「実用的に使えるものがいい」と考えている人がほとんどです。つまり使えるものを提供すれば宣伝効果も増えるので、需要と供給が成立することになります。

宣伝効果のあるノベルティグッズを作ろう

宣伝効果のあるノベルティグッズを作ろう

まず、ノベルティグッズとは企業や来訪時など多岐にわたるシーンで提供されている企業名やブランド名の印刷された記念品です。
その種類はカレンダーやキーホルダーなどたくさんのものが存在します。
まずノベルティグッズを作る目的やポイントは主に宣伝に用いられることが多いでしょう。
売っている商品の認知やどういったところが販売しているのかなど、ノベルティグッズには企業の名前が入っているのが主でしょう。
日常生活でよく見るノベルティグッズの例ではティッシュ配りが分かりやすいといえます。
またボールペンやカレンダーを無料で提供しているところも多いです。
やはり宣伝の効果を強めるためには、ユーザー自身がそれを目にする機会を増やさないといけないので、一般的には実用的なものを提供することが多いです。

実際にノベルティグッズをもらっているユーザーの声

実際にノベルティグッズをもらっているユーザーの声

ノベルティグッズを制作する際にどのようなことがポイントになってくるのかを調べたデータがあります。
大手企業が実際にノベルティグッズをもらったことのある人約900人を対象に行ったアンケートでは6割以上の人が、実用的なものが欲しいと答えています。
例えばTシャツをもらった場合、部屋着になってしまうことが多く、実用的であるとは言えません。
一番好まれているノベルティグッズはボールペンです。
ユーザーも手に取りやすく、宣伝も目に付きやすいため、大きな効果があると言えます。
日常的に使うものもかなりの宣伝効果が期待できます。
ノベルティグッズを制作する際のポイントとなるのは、普段何気なく使っている日常品や量があっても困らないものと言えるでしょう。
たとえ無料で配布していたとしても、実用的でないものやユーザーのニーズにまったく合っていなかった場合、宣伝効果もあまり期待できません。
日常的に季節に関係なく使えるものがユーザーとしては大きなポイントになってくるようです。
ノベルティグッズを制作する際には、実用性が高く、ユーザーが手に取りやすいグッズを制作すると良いでしょう。

PAGE
TOP