企業でノベルティの制作を考えている方

目的に沿って使用キャラクター、テーマカラー、商品などの選択をし、ノベルティグッズを制作するのが望ましいです。行き当たりばったりの対応では失敗してしまうことも多くなってしまいます。専門業者に依頼して制作するのが確実な方法です。

ノベルティグッズを配る目的は3つ

ノベルティグッズを配る目的は3つ

企業が何かイベントを行うときや、○○周年などの事業のとき、記念としてノベルティを作ることが多く見受けられます。
一見すると、そのときは金額的な負担だけが目につきますが、実は長い目で見ると広告効果を期待できるため、現在も多くの企業で利用されています。
実は、ノベルティグッズを配る目的は企業ブランディング、集客、企業や商品の認知度向上の3つの効果が期待できます。
受け取った人は、記念となり残るものであれば、家に飾っておく、写真でSNSに投稿する、など多くの人に目につき、記憶に残ることになります。
企業イメージアップのためにキャラクターを用意する、などもイメージアップにつながる方法です。
企業や商品の認知度向上を考えるのなら、企業や商品の名前を日常として目にしてもらうことも大切です。
カレンダーや手帳、あるいはボールペンなどが代表的なグッズとなります。
特別にコストをかけるだけではなく、アイディアやもらった人が使ってくれる、飾って何年も保管してくれる工夫をすることで、広告効果を最大に高めることが期待できます。

オリジナルノベルティグッズの強み

オリジナルノベルティグッズの強み

企業でノベルティグッズを制作して完成したオリジナルノベルティグッズの強みのひとつは、ほかにはない魅力を持ち合わせ、差別化を図れることです。
ほかには、ノベルティグッズを欲しがる人が多くなることによってのイメージアップ、企業や商品のイメージをノベルティグッズで表現できての話題性などです。
既製品のノベルティグッズはコストと時間が少なくて済むとともに、簡単に注文できるのも大きいといえます。
もちろん、数をそろえて配布数を増やすことも比較的容易です。
オリジナルか既製品かは一長一短あることを頭に入れておいた方がよいでしょう。
ターゲットを明確にし、タイミングも合わせるのがコツになります。
そして、どういった目的に沿ってノベルティグッズを制作するかも重要になります。

PAGE
TOP