季節感を取り入れたノベルティ

照明器具は蛍光灯や電球を取り替えればいつまでも使えるというわけではありません。耐用年数を超えて使い続けると、突然故障して使えなくなるだけではなく、発煙などのトラブルになってしまうケースもありますので、10年を目安に買い換えるようにしましょう。

ノベルティの選び方

ノベルティの選び方

企業がキャンペーンなどを行うときによく配っているノベルティには、もらった人がその企業や商品に興味を持ってもらうという狙いがあります。
ノベルティの配布は直接的に売り上げアップに繋がるというわけではありませんが、実用的でちょっと「いいな」と思えるようなものをもらうことで企業や商品への好感度が上がり、結果として集客効果や売り上げアップが見込めるというものです。
しかし、現在では様々なノベルティグッズが作れるため他社でも同様のキャンペーンを行うことは珍しくありません。
ライバルの企業と同じようなものを配っても効果が見込めないことは明らかでしょう。
そこで、ノベルティを作る際にも消費者のニーズに合うものを考えるだけでなく、他社との差別化も意識していかなければいけません。
こうした要件をクリアするのは一見かなりハードルが高いように感じられますが、例えばキャンペーンを行う季節が決まっている場合には、その季節にニーズが高まるものを考えるなど、より必要とされているものを絞り込むことが可能になります。

季節感を取り入れて

季節感を取り入れて

ノベルティを作る際、配布するイベントの時期が決まっているという場合にはその季節に合わせたものを配るという方法があります。
例えば、暑い夏に配りたい場合を考えてみるとよいでしょう。
夏に定番のノベルティといえばうちわですが、現在ではそれ以外にもコンパクトな折りたたみ式USBファンやクールジェル、クリアポーチなど様々なものがあります。
ターゲットに合わせてどのようなものが喜ばれるかも合わせて考えながら、他社とは異なる路線のノベルティでアピールしてみるとよいでしょう。
おおまかな季節という枠組みだけでなく、春であれば卒業式や入学式、花見などの行事と組み合わせてみるのもお勧めです。
同じ種類のノベルティでも季節によって素材やカラーリングを変えてみることによってその時期に合わせたものを作ることもできます。
ノベルティはもらった人が「これは使える」と思えるような実用性の高さが重要です。
消費者のニーズを探りながら喜んでもらえるようなものを目指しましょう。

PAGE
TOP