展示会で配りたいノベルティ

展示会でノベルティグッズを配布することがあります。付箋やパソコンクリーナー、ボールペン、スマホケース、ステーショナリーなど、実用性を感じるノベルティグッズや、その場で使えるエコバッグがおすすめです。企業が印象に残るノベルティにしましょう。

展示会のノベルティグッズについて

展示会のノベルティグッズについて

展示会でノベルティグッズを配布することがあるのではないでしょうか。
ノベルティグッズは誰に配布するのか、どのように配布するかにこだわる企業が多いですが、いつノベルティグッズを配布するかといったタイミングへの意識も大切です。
消費者が欲しいと思うものが最適なタイミングで配布することができれば、ノベルティグッズの効果はさらに高まります。
展示会でノベルティグッズを配布する場合は、ブースに来場者を呼び込むためのきっかけづくりとして配布しましょう。
「気軽にどうぞ」と来場者に寄り添うスタンスを示し、タイミングを意識し、配布してください。
来場者は、利用したことがない商品やサービスには、心理障壁があります。
その障壁を取り除く方法として、ノベルティグッズを活用しましょう。
ノベルティグッズには、付箋やパソコンクリーナー、ボールペン、スマホケース、ステーショナリーなどがおすすめです。
実用性を感じるノベルティグッズを制作してみてはいかがでしょうか。
また、展示会ではブースを多く周り、企業のパンフレットや資料で手が塞がるため、その場で使用できるエコバッグは非常に喜ばれます。
展示会でエコバッグを持ち歩いてもらうことで、企業名の認知度を高めることができ、エコバッグ欲しさにブースに立ち寄る人もいるでしょう。

展示会で配布する目的を明確にしよう

展示会で配布する目的を明確にしよう

展示会では、来場者とのコミュニケーションづくりにノベルティグッズが役立ちます。
企業名が入っていると宣伝効果が高くなるため、必ず企業名やブランド名は入れてください。
また、展示会には多くの企業が出展するため、来場者にとってはどの企業がどのサービスを提供しているかわからなくなります。
ノベルティグッズを配布することで、企業名とサービスを印象づけることも可能です。
名刺交換の際やアンケートのお礼として、配布してください。
無料で配布するノベルティグッズですが、無料だからといって来場者の要望を無視するわけにはいきません。
企業名を覚えてもらう、ブースに立ち寄ってもらうなどの目的を明確にし、いつ渡すのが効果的であるかを意識して、展示会で活用することが大切です。

PAGE
TOP