ノベルティの活用事例を知ろう

ノベルティグッズを制作する前に活用事例を知っておきましょう。ノベルティグッズにも様々な種類があり、どれを制作するか迷ってしまいますが、活用事例を知ることで、選びやすくなるかもしれません。活用事例を参考に、効果的なノベルティを制作しましょう。

ノベルティグッズの活用事例

ノベルティグッズの活用事例

ノベルティグッズを制作する前には、活用事例を知っておきましょう。
ノベルティグッズにも様々な種類があり、どれを制作するか迷ってしまいますが、活用事例を知ることで、選びやすくなるかもしれません。
ノベルティグッズの活用事例の1つ目として挙げられるのは、イベントです。
例えば、夏のイベントでは、企業名が入ったうちわを持っている人を見かけることが多いでしょう。
人混みが予想されるイベントでは、その場で使用できるノベルティグッズが人気です。
うちわの他には、トートバッグやポケットティッシュが選ばれます。
2つ目の活用事例は、新商品のPRです。
新商品を発売したとき、営業をして認知度を高めますが警戒されることも少なくありません。
そのため、場の空気を和やかにするためにノベルティグッズを使用することがあります。
資料と合わせてノベルティグッズを配布すると、相手の緊張をほぐして、営業がしやすくなるでしょう。
キューブパズルやパズルなどのノベルティが選ばれています。
3つ目の活用事例は、年末年始の挨拶です。
顧客に年末年始に挨拶をすることが多いですが、その際にノベルティグッズを渡します。
カレンダーやメモ帳など来年度も使用できるグッズを渡すと良いでしょう。

効果的なノベルティを制作しよう

効果的なノベルティを制作しよう

新規ユーザーを獲得する際にも、ノベルティグッズを活用することがあります。
初めてのやり取りに配布するノベルティグッズは、タオルやゲラスなど日常生活で使用されることが多いグッズがおすすめです。
年齢や性別を問わず、使用できるものを選んでみてはいかがでしょうか。
様々な場面でノベルティグッズが活躍しますが、ノベルティグッズを制作する際のポイントは、実用的なものを選ぶことです。
ターゲットによってグッズを変えるもの良いでしょう。
何を制作すれば良いかわからない場合は、定番のグッズや使い手を選ばないものがおすすめです。
費用をかけて制作したにも関わらず、受け取ってもらえなかったり、使用してもらえなかったりするノベルティグッズは、意味がありません。
活用事例を参考に、効果的なノベルティグッズを制作しましょう。

PAGE
TOP