ノートをノベルティにするメリット

ノートは、誰もが日常的に使う文具です。ノベルティとして配布するメリットは大きく、安い費用でコンスタントにその企業名をPRすることができます。印刷範囲が広いため、デザインの自由度が高いという点でも優れています。

ノートは誰もが使う文具

ノートは誰もが使う文具

子供から大人まで、誰もが使う文具がノートです。
勉強に、仕事に、日記に、メモに、といったようにノートを使っていない人はまずいないのではないでしょうか。
数あるノベルティの中でも、最も身近で親しんでもらえるものの一つであることは間違いありません。
しかしそれほど親しみ深いものですが、案外とそのものにこだわる人は少ないようです。
企業のノベルティの中には、PRが目立ちすぎると使われないこともありますが、ノートの場合は普段使いなど、使用用途も広い文具なので捨てられることはまずないでしょう。
特に子供がいる家庭では、自由に使えるノートはいくらあっても足りないものです。
落書き、学習と用途が広い文具なので、ノベルティで配布した際には、喜んで受け取ってもらえるでしょう。

ノベルティとしてのメリット

ノベルティとしてのメリット

ノベルティとしてのノートには大きなメリットがあります。
費用の安さもそのひとつで、同じ文具でもボールペンと比べると、安価で制作することができます。
また、使用頻度、範囲がともに大きいノートには、人の目に触れる機会が多くなるという宣伝効果も期待できます。
PRのデザインを考えるにしても、表表紙と裏表紙、それぞれのページと使える面積が多いことも良い点です。
ボールペンも、使用頻度が高い文具ではありますが、PRできる範囲を考えるとやはりノートに軍配が上がります。
そうして考えたデザインが、使うたびに印象に残るとすれば、やはりノートはメリットが大きいノベルティと考えることができるでしょう。
また、子供に使われることで得られるメリットもあります。
それは、使うたびに視覚として企業名をPRできることです。
毎日使うノートのデザインを、子供は自然に覚えます。
スーパーでものを買うときに「見たことがある」が購買のきっかけになることは、ノベルティを制作する方なら誰もがご存知のはずです。
子供に、企業名に親しんでもらうことは、親にPRすることと同様のメリットであり、将来を見据えた販促活動であるといえるでしょう。

PAGE
TOP