缶バッチをノベルティにするメリット

ノベルティとしての缶バッチにはさまざまなメリットがあります。缶バッチは、安い価格で多様なデザインのものを制作することができ、客がつけて歩くことで広範囲へのアピールができるなど、ノベルティとして優れた品といえるのです。

缶バッチにはメリットがいっぱい

缶バッチにはメリットがいっぱい

近頃、ノベルティとして人気を集めているのが、企業オリジナルの缶バッチです。
缶バッチには販促としても、知名度アップにしてもメリットが多く、うまく使えばより広い範囲の客に企業の名前をアピールすることができます。
メリットの一つとして、まず、缶バッチは安い価格で制作することができます。
制作価格を抑えたい企業には、おすすめの品といえるでしょう。
デザインも自由で、完全にオリジナルのものを大量に制作することも可能です。
いくつかパターンを作ってみても、価格としては大きなものにはならないのもメリットのひとつです。
また缶バッチには、配布した客がかばんや服などにつけて、出歩いてくれる可能性があります。
そうなれば、価格以上の宣伝効果を見込めることになるでしょう。
もらう側としてはかさばらず、配布されても持ち帰りやすいというメリットがあります。
さまざまな効果を考えると、缶バッチはノベルティとしてはよい選択肢となるはずです。

ノベルティの缶バッチを使ってもらうために

ノベルティの缶バッチを使ってもらうために

ノベルティは、客に使ってもらってこそ、価格宣伝効果を発揮できる品物です。
より実用性を高くするために、缶バッチには様々な工夫をすることができます。
缶バッチにはいろいろなタイプのものがあることをご存知でしょうか。
普通、イメージするのは安全ピンでつけるものですが、服やかばんを傷めないように、留め具がクリップ式になっているものや、冷蔵庫に張り付けられるようなマグネット式のものもあります。
価格にもよりますが、想定した客に持ってもらいやすいタイプのものを選んでみてはいかがでしょうか。
また、デザインも自由に制作することができるので、イベントや新製品の告知など、限定的な目的でノベルティを制作することもできます。
多様なニーズに合わせてパターンを変えられることが、缶バッチをノベルティにする最大のメリットといえるでしょう。

PAGE
TOP