ノベルティで行うブランディングとは

ノベルティで行うブランディングとは

インパクトのあるノベルティを制作するコツとは

インパクトのあるノベルティを制作するコツとは

ノベルティとは、企業の販促や知名度向上のために配られる無料の品物のことです。
社名がプリントされたものが大半で、その目的は客に企業の存在をアピールすることにあります。
同時にノベルティには、客に企業のイメージを伝えるブランディングツールとしての役割も担っています。
そのため、ノベルティを制作する際には、客のニーズと、会社がブランディングしたいイメージとの双方をしっかり意識しなければいけません。
ではどうしたら、ブランディングを意識したノベルティを制作できるのでしょうか。
まず大切なのは、配布する客を想定することです。
新規の客なのか既存の客なのか、あるいは何か特別な品を買った人にのみ配布するものなのか、ターゲットを想定し、伝えたいイメージを固めます。
また、実際に使う場面を考えて、適度な大きさ、持ち運びやすさ、デザインにも心を配る必要があります。
名前を入れる場合にも、あまりに大きすぎてしまうと、かえってブランディングを損なうことになるかもしれません。

客が好むおすすめノベルティグッズ

客が好むおすすめノベルティグッズ

では実際に、客に好まれるノベルティとはどんなものがあるのでしょうか。
人気が高いのは、ボールペンやカレンダーなどの実用品で、これらは制作する企業も多く、使用される頻度も高くなります。
ノベルティを初めて制作する企業には、このような実用品がおすすめです。
中には、電子機器の会社が作った基盤をモチーフにした卓上カレンダーがあり、見るたびに企業を思い出すユニークなデザインになっています。
こうした企業の商品を印象付けるものも、ノベルティとして有効です。
オリジナルの切手を配布する企業もあります。
記念品にもなり、写真を入れたものであれば、特に大切にしてもらえるでしょう。
インパクトの強いアピールをしたい企業には、こうしたユニークなグッズもおすすめです。

PAGE
TOP