ノベルティとしてティッシュを活用するメリット

ポケットティッシュのノベルティは、外装フィルムやラベルに広告を印刷して配布し、認知度向上や宣伝効果を狙うものです。圧倒的に単価が安いことが最大のメリットであるポケットティッシュは、実用面と宣伝効果を兼ね備えた優れた広告媒体と言えます。

ポケットティッシュはコスパ最高のノベルティ

ポケットティッシュはコスパ最高のノベルティ

販促用ノベルティとして、ポケットティッシュほど大量に流通しているアイテムはないのではないでしょうか。
販促用ポケットティッシュは、外装フィルムや中のラベルに広告を印刷し、無料配布することで認知度向上や宣伝効果を狙うものです。
ノベルティとしてポケットティッシュを活用する最大のメリットは、他のアイテムに比べて圧倒的に単価が安いことでしょう。
1個当たりに換算すると平均5~10円程度のローコストで販促活動ができることは、ポケットティッシュが多くの業種や業種で採用される理由にもなっています。
単価が安く大量発注に向いているポケットティッシュは、誰でも使う日用品であり、季節や対象年齢を問いません。
但し基本は手渡しによる配布なので、広告のターゲットを見定めて渡すことで、より効率的な販促活動ができるのも利点です。
チラシの場合は「どうせ読まないし」と判断して素通りする人が多いのに対し、コンパクトで実用的なポケットティッシュは、もらっても困らない品として、ポケットやカバンに入れてしばらく保管される確率が非常に高いと言われています。
実際に、日用品が「無料でもらえる」とあれば、差し出されるタイミング次第でつい受け取ってしまうのが人間なのです。

「印刷」と「封入」はケースバイケースで

「印刷」と「封入」はケースバイケースで

もっとも、無料で気前よく配布されるポケットティッシュにもデメリットはあります。
小さなポケットティッシュは、外装やラベルに印刷された広告がろくに読まれないまましまい込まれてしまう可能性があることです。
さらにそのまま時間が経過すれば情報も古くなるため、即効性が欲しい販促活動や広告を熟読してもらいたい場合は、チラシのほうが適しているかも知れません。
ちなみに、ポケットティッシュのサイズはほぼA7サイズなので、A5サイズのチラシを別に発注し、四つ折りにしてティッシュの外装に封入する方法もあります。
こうすると、宣伝効果があるだけでなく、最初からラベルを封入するタイプよりも費用が安くすむことが多いので、コストパフォーマンスを重視したい場合におすすめです。
外装フィルムに直接印刷する方式は、コストは高くなりますが、オリジナリティやプレミアム感が出るので、ブランドイメージを重視する場合などに向いています。
ポケットティッシュは、中身を使い終わるまで手元に置かれるので、目に触れる機会も多い広告媒体です。
小さなコストで大きな宣伝効果を発揮するポケットティッシュは、ノベルティの優等生と呼ぶにふさわしいアイテムと言えるでしょう。

PAGE
TOP