ノベルティとしてバッグを活用するメリット

実用性と販促効果を兼ね備えたバッグは、ノベルティに必要な条件を満たす優れた広告塔です。自由なデザイン表現が最大の強みであるバッグは、利用者の使い勝手と情報媒体としての販促効果を発揮するなど、双方にメリットのあるノベルティアイテムです。

優れたPR媒体としてのバッグ

優れたPR媒体としてのバッグ

販促用ノベルティとして、様々な素材のバッグは定番アイテムの一つです。
実用的な機能性と販促効果を兼ね備えたバッグは、ノベルティに必要な条件を余すところなく満たしている優れた広告塔と言っても過言ではないでしょう。
ノベルティとしてのバッグは、展示会やイベント会場などで来場者に配布されるケースが最も多いものです。
もともとは、集まったチラシやカタログを入れて持ち帰るために、サービスの意味で企業が配布を始めたものですが、利便性が高いので受け取る人が多いことと、広告媒体として効果的であることが注目され、販促グッズとしての地位を不動のものにしました。
紙や不織布、コットン地など様々な素材のバッグは、広い面積を使って自由なデザイン表現ができるところが最大の強みと言えます。
社名やロゴ、商品名、キャラクターなどをプリントしたバッグは、そのものが宣伝用ポスターとして機能します。
つまり、ノベルティバッグを手に移動するだけで、それ自体が情報媒体となって販促効果を発揮するのです。

バッグは来場者が欲しがる稀有なノベルティ

バッグは来場者が欲しがる稀有なノベルティ

ノベルティ配布を成功させるコツの一つは、「もらってうれしいアイテム」を選定することです。
ボールペンやクリアファイルなどは実用性では不動の地位にありますが、紙製や布製のバッグは「その場ですぐに使えて役立つ」という点で、他のアイテムにはない優位性を持っています。
展示会では、ブースを回るとたくさんのチラシやカタログ、パンフレット類が集まります。
これらを持ったままでは片手がふさがって不自由なだけでなく、うっかり床に落として散らばるなどの残念なアクシデントも会場ではよく目にするものです。
また、初対面の人と名刺交換をしたり、メモを取ることも多い展示会場では、A4~B4サイズの書類を折らずにサッとしまえるバッグはとても重宝するものです。
たくさんの書類が余裕で入るバッグは、来場者にとって利便性が高いのはもちろん、大きなサイズのノベルティほど訴求力抜群なので、来場者がバッグを持って会場を歩き回ることがそのまま宣伝になるというメリットも見逃せません。
また、展示会やイベントが終了してもバッグとしての基本機能は変わらないので、耐久性があってビジネスシーンになじむ色・デザインであれば、そのまま長く使用される可能性も高く、宣伝媒体としての寿命には限りがないと言えるのです。
数あるノベルティの中でも、機能性と訴求性を兼ね備えたバッグは、もらってうれしい大歓迎アイテムの筆頭格であり続けるでしょう。

PAGE
TOP