ノベルティに期待される役割まとめ

ノベルティは販促活動の一手段として、社名や商品名などを印刷した無料配布用グッズ類で、広い層に対するブランディングや認知度向上などに役立ちます。名刺やアンケート協力などと引き換えにノベルティを渡せば、ビジネスのすそ野が大きく広がります。

ノベルティは販促の頼もしいパートナー

ノベルティは販促の頼もしいパートナー

一般にノベルティとは、販促活動の一手段として、社名や商品名、ロゴなどを印刷した無料配布用のグッズ類を指します。
展示会や店頭、イベント会場などで大量に配布したり、特定のターゲットや期間・数量を限定して配布することによって、より効果的な販促効果が得られます。
多くの場合、ノベルティには実用性の高いボールペンやメモ帳などの文房具、クリアフォルダ、書類の入るエコバッグなどのほか、キャラクターのマスコットや、夏場にはうちわなどのアイテムが代表的で、これらは身近に置かれることで知名度の浸透を図るものです。
ノベルティそのものの役割としては、ブランディング、認知度向上などが最も大きいでしょう。
新商品やブランドの立ち上げ、テコ入れなどの際は、ノベルティを通じた販促活動を行うことで、ブランドイメージを広い層に効果的に訴求することができます。
ブランディングの成功は、来店や購買促進につながるだけにはとどまりません。
話題性が高まることで認知度が向上すれば、様々なシナジー効果を呼び起こし、結果的にビジネスの可能性が広がるのです。

ブランディングに欠かせないノベルティ

ブランディングに欠かせないノベルティ

展示会などでは、ノベルティと引き換えに来場者の名刺を集めることもできます。
将来のビジネスに直結する人脈づくりの手段としても、ノベルティは有益な役割を果たすというわけです。
あるいは、来場者アンケートの回答者に対して、謝礼代わりに手渡すちょっとしたノベルティがコミュニケーションのきっかけになるように、ユーザーとの潤滑油的な機能を発揮する場合もあります。
こうした販促ビジネス上の効果を狙った活用例は、言うなれば直球勝負の正攻法ですが、ノベルティは変化球のような別の側面も持ち合わせています。
ノベルティは原則として非売品で、一般市場には流通しないものであるため、一部のコレクターの間ではレアアイテムとして話題になり、オークションなどでは高値で取り引きされることもあるそうです。
数が限られていたり、ごくクローズドなターゲットであれば、別の局面から人気に火がつくことは、現在では珍しくなくなりました。
一見、本道から逸れているようですが、販促という大きな目的へのルートは一つではないと考えれば、こうした現象はノベルティがブランディングに優れた能力を持っていることを示す好例と言えるのではないでしょうか。
多くの人が持ち帰りたくなる魅力あるノベルティは、頼れる営業部員として、きっと実りある成果をもたらします。

PAGE
TOP